食べ物で腸内環境は変わります!

便秘の改善、ダイエット、美容にいいということで巷で話題の腸内洗浄。 肛門から大腸内に温水を注入して、宿便などの老廃物を体外に排出するという医療行為です。 最近では自宅でできるというキットも売られていますが、自分でするのはかなりの勇気が要ります。 病院に行ってお願いするのが確実ではありますが、保険がきかないのでかなりの費用がかかります。

そもそも短期間で一気に老廃物を出してしまうのは、体にとってもかなりの負担。 日ごろの食生活を変えていくことで、ゆっくりと腸内をデトックスすることもできるのです。 まず摂るべき食品はヨーグルト、チーズ、味噌、キムチなどの発酵食品です。 発酵食品はその名のとおり発酵しているので、体内に入る前から消化の準備ができているのです。 消化、吸収が良いだけでなく、胃や腸の働きを助ける効果もあり、 また発酵食品が含む乳酸菌などの善玉菌は、腸内環境を整えてくれます。

食物繊維をしっかり摂ることも大切です。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類あります。 水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維。水に溶けてゲル状になって 腸内での食べ物の消化・吸収を緩やかにして腸を守ってくれます。

また善玉菌を増やす効果もあるので整腸作用があります。 海藻、ゴボウ、果物の他、納豆、山芋、オクラなどネバネバ系の食べ物に多く含まれます。 不溶性食物繊維は水に溶けにくく、腸内で水分を吸収して腸を刺激し、便通を促します。 いわゆる繊維質で、野菜の他、豆類、きのこ類に多く含まれています。 よく噛まないと消化されないこともあり、満腹感を得やすくダイエットにも向いている食べ物です。

不溶性食物繊維を摂りすぎると、腸内の水分が不足し、逆に便秘につながる場合もあるので、 積極的に水分を摂ること必要があります。 お茶やコーヒーには利尿作用があるので、 ミネラルウォーターかカフェインレスの麦茶やハーブティーなどを摂るとよいでしょう。 時間はかかりますが、食べ物を変えることで体への負担を抑え、少しずつデトックス。 ダイエットと美容双方の効果が期待できます。 ストレッチ等軽い運動を心がけることも大切です。