オリゴ糖が腸内環境を良くする理由とは

腸内環境を整えるのにぴったりな食品と言えばヨーグルトですが、 ヨーグルトには良くオリゴ糖が一緒についてくることがありますよね。 なぜ、オリゴ糖を付けるのか、と言えばオリゴ糖もヨーグルトと同じく、 お腹に腸内環境を整えるのに一役買ってくれる食品だからです。 オリゴ糖の役割は、善玉菌のエサとなることです。 オリゴ糖が腸内まで届くと、それをエサとして善玉菌が増え、善玉菌の活動が活発化することによって、 腸内環境が整えられるというメカニズムになっているのです。

ですので、オリゴ糖は直接的に腸内に働きかける、というよりは腸内にある善玉菌に働きかける物で、 ヨーグルトはその善玉菌にぴったりな作用を持っているために、二つを一緒に食べるようにすると、 かなり腸には嬉しい効果が得られるという訳です。

それに、オリゴ糖にはさらに嬉しいことに、他の砂糖と比べると甘さが控えめで、 カロリーも少な目となっているので、体重を気にしていいてダイエットをしたいと思っている方にも、 オリゴ糖を食べて腸内環境を改善するのはぴったりなのです。 太り辛く、それでいて、痩せやすくなるように腸内環境が綺麗になる、 実にダイエット向きの食品としてオリゴ糖が挙げられますね。

ですが、オリゴ糖にはいくつかの種類があり、腸内に届いてオリゴ糖のエサになるのは、 ミルクオリゴ糖やガラクトオリゴ糖などの、難消化性のオリゴ糖だけです。 大豆オリゴ糖は消化し易く、腸に届く前に消化されてしまって、 効果が十分に発揮できないことがありますので、もしもオリゴ糖そのものを購入するような場合には、 そのオリゴ糖が難消化性かどうかを調べておきましょう。

以上のことから、オリゴ糖はダイエットにもぴったりのカロリーが少な目で、 しかも腸内の善玉菌のエサとなって、善玉菌の活動の活発化や、 善玉菌そのものの数を増やすと言った効能があるために、 腸内環境の改善には実にぴったりなものであると言えるでしょう。